目の病気・コンタクト-その他の目の病気-ドライアイ・飛蚊症(網膜剥離・網膜裂孔)

目の病気・コンタクト

ドライアイ

ドライアイの症状

一般的には、目が疲れる、視界がぼやける、目が重い・熱い・充血する、過度に光がまぶしい、目を長時間開けていられない、目の中がゴロゴロする、コンタクトをしている人ではコンタクトが眼球にはりついて見えにくくなる…などの症状があります。

ドライアイの原因

ドライアイは、目の表面の粘膜が乾燥することにより起こる症状です。通常涙によって潤され、保護されている目の表面の粘膜が、何らかの原因で涙の量が減少することで乾燥し、眼球表面が外気にさらされ結膜が充血したり、角膜に傷がつきやすくなります。現代病のひとつとも言われており、TVやパソコンなど画面を注視しすぎることにより瞬きが減り、エアコンの普及で室内が乾燥しやすい環境も手伝って、ドライアイが増えていると言われています。

ドライアイの治療について

ドライアイの治療には、主にヒアルロン酸の点眼薬や人工涙液など使います。何度目薬をさしても改善しない重症のドライアイの場合には、涙の排出を抑えるために、この涙点を閉じる治療(涙点プラグ挿入術・涙点閉鎖術)を行うことがあります。

飛蚊症(網膜剥離・網膜裂孔)

飛蚊症(網膜剥離・網膜裂孔)の症状

目の前には何もないのに、「黒い粒」「糸くず」のようなものがふわふわ飛んでいるように見える症状です。「蚊のような小さな虫」がちらついているように見えることから飛蚊症と名付けられました。

飛蚊症(網膜剥離・網膜裂孔)の原因

眼球の内部には、「硝子体(しょうしたい)」というゼリー状の液体が入っており、この硝子体が加齢により変性し、内部にゴミや濁りが生じます。この影が網膜上に映り、視界に入ることが原因で起こる症状です。

飛蚊症(網膜剥離・網膜裂孔)の治療について

飛蚊症の原因は、加齢による生理的なものである場合が多く、特に治療の必要・心配は要りません。まれに強度近視や強い外傷が原因で若い人にも起こることがあります。

一方で、重大な眼の病気(網膜剥離・網膜裂孔など)の初期症状として現れることもあります。そのような重大な眼の病気(網膜剥離・網膜裂孔など)の治療には「光凝固」「冷凍凝固」「強膜バックリング」「硝子体手術」が必要になります。

いずれも放置すると失明することもある重大な疾患ですので、最近急に浮遊物がよく見えるようになったなど飛蚊症の症状がひどくなった場合には、速やかに眼科を受診し検査を行ってください。

クリニック情報

診療時間
9:00〜12:00
14:30〜17:30 手術

※休診日 水曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日

※院長学会出席などにより、臨時休診となる場合もございます。

やまだ眼科

TEL.082-287-2123