目の病気・コンタクト-白内障

目の病気・コンタクト

白内障

白内障の症状

白内障の自覚症状は、目のかすみ・視力の低下などごくありふれたものですが、これらは白内障の以外の多くの病気で現れ、中には早急に手を打たなければならない病気もあります。ですから、白内障かどうかは別としてこのような症状が見られる場合は速やかに眼科医の診察を受けるようにしてください。白内障はお年寄りの病気と思われがちですが、早い人では40歳代から水晶体のにごりがゆっくりと進行し、50歳代ではっきりと目のかすみを感じるようになり、60歳代~70歳代になるとさらに進行していく、比較的多くの方にみられる病気です。ですが、白内障自体は治療により視力を取り戻すことができる良性の病気です。

白内障の主な自覚症状
  • 視野にベールがかかったように、かすんで見える
  • 明るい所では光がまぶしい・薄暗い所ではものが見えにくい
  • 眼鏡の度が合わなくなる(眼鏡をかけても見えづらい)
  • 見ているものが二重、三重に見える
  • 車のライトや電灯がまぶしい
  • 人の顔がはっきり見えない
白内障の原因

白内障は目のレンズ部分にあたる水晶体がにごってしまうために起こります。水晶体は、水分とタンパク質からなる成分からできています。これが老化や何らかの外的要因によりタンパク質が変性したり水分量が変化して、白くにごってくるのです。

水晶体がにごると、物を見るときに目に入ってくる光が網膜まで届きにくくなったり、光の屈折具合が変化するため、物が見えづらくなるのです。白内障の原因はさまざまですが、もっとも多いものは加齢によるものです。これは「加齢性白内障」と呼んでいます。個人差はありますが、誰でも年をとるにつれて水晶体は濁ってきます。「加齢性白内障」は一種の老化現象ですから、高齢者ほどおおく発現します。最近では、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として発病する方も増えています。その他、母親が妊娠中に風疹に感染するなどが原因で先天性白内障になっている場合や、目の怪我で外傷性白内障を起こす場合もあります。

白内障の主な種類と原因
  • 加齢性白内障
    加齢によるもの
  • 全身疾患に合併する白内障
    アトピー性皮膚炎・糖尿病などの合併症によるもの
  • 先天性白内障
    風疹などによるもの
  • 外傷性白内障
    目のけがなどによるもの
  • 併発白内障
    ぶどう膜炎などによるもの
  • その他
    放射線検査や薬剤(ステロイド剤)の副作用などによるもの
白内障の治療について

日常生活をするうえで不自由を感じなければ、定期的に視力やにごり具合の検査・薬物療法などで白内障の進行を遅くする方法をとるのが一般的です。しかし、かなり白内障の進行した目は手術による治療が必要になってきます。

白内障の薬物療法
薬物療法は、水晶体のにごりを消失させるのではなく、病状の進行を遅らせるのが目的です。加齢性白内障で、症状が軽度の段階ならば、進行を遅くするために、点眼薬が処方されます。先天白内障の場合は、ほとんどが進行性でなく、停止性のものなので薬物療法は適用されません。
白内障の手術療法
「超音波乳化吸引術」という眼の中の濁った水晶体を超音波で乳化しながら吸引し、人工レンズを目の中に入れます。また、人工レンズはおよそ30年以上の耐久性が確認されており、通常は途中で入れ替えたりすることはありません。

クリニック情報

診療時間
9:00〜12:00
14:30〜17:30 手術

※休診日 水曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日

※院長学会出席などにより、臨時休診となる場合もございます。

やまだ眼科

TEL.082-287-2123